債務整理~自己破産によるデメリット2~

債務整理で自己破産というと人生が終わったようなイメージがある方も多いようですが、実際はデメリットも少なく、人生をやり直せる素晴らしい機会のようですよ。債務整理の自己破産によるデメリットには、その後約7年間は新しく借金することができないですし、クレジットカードを作ることができません。このデメリットは自己破産以外の債務整理でも同じなのですが、はたしてこれは本当にデメリットなのでしょうか?新しく借金をすることができないのであれば、また債務整理をするようなことにならなくてすみます。なので、これはむしろデメリットととらえるのではなく、メリットと考えるべきではないでしょうか?他に自己破産した場合のデメリットとしては、政府が発行している官報というものに住所と氏名が載ってしまうことがあげられますが、これは毎日毎日発行されているので、周囲にチェックしているという人はいないと思います。なので、官報に記載されることによって周囲に債務整理をしたことがバレるといったことはないようですので、これも大したデメリットではないと思います。また、破産者名簿というものもあり、そちらにも氏名が載るのがデメリットと言えますが、こちらは非公開のものですので、こちらから周囲にバレることもないようです。ただし、警備員や生命保険の外交員、弁護士や司法書士などといった職業の人は一定期間その資格を失うようですので、そういった職業についている人たちにはデメリットといえるでしょう。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.