債務整理の方法「過払い」

債務整理の方法は過払い請求・任意整理・民事再生・特定調停・自己破産などの方法があります。

ビル群イメージ過払い請求は法律で定められている利息の制限を超えて多く支払ったお金を取り戻すことができます。返済期間が5年以上で金利が20%を超えていた場合はお金が返ってくる可能性が高いようです。

払いすぎた過払い金の消滅時効は10年間です。10年以上経過してしまうと取り戻せなくなる可能性があるので注意が必要です。

過払い金は発生してから年5%の利息を付けた金額を返してもらうことができるようです。

また自己破産や民事再生でも高い金利で長期間の返済をしていた場合には過払い金が発生している可能性があります。借金が完済していても過払い金が発生していれば過払い金請求は可能ですが、完済して10年以上経過していると時効となり返還は難しくなります。過払い金請求をするときは経験豊富な弁護士などに依頼することが一番良いようです。

専門家と債務整理の相談をするときには借金すべての契約書や取引明細書・振込み明細書などがあると相談がスムーズに進むでしょう。他にも取引している期間や契約の内容・借金の状況が確認できる書類があれば持って行くと良いようです。取引が確認できる書類がなくても弁護士が貸金業者に取引履歴の開示を請求しますので契約書類などが無いからといって諦める必要はないようです。

取引履歴が開示されると和解交渉を行います。和解が成立しなければ訴訟を起こすことも可能です。訴訟を起こすと1年ほどの期間がかかってしまうこともあるようです。

Filed in 過払い請求について | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.