債務整理のデメリットのウワサ

債務整理のデメリットについて考えてみたいと思います。債務整理をしなくていけないような人たちが間違ったデメリットのためになかなか債務整理をおこなう勇気がもてずに、最悪自殺や夜逃げといったことが増えているようです。債務整理のデメリットについては、債務整理の種類によっても違ってくるようですが、一般的に言われているデメリットとしては、ブラックリストに載ってしまうことや周囲の人間にバレてしまうことなどがあげられるようです。間違ったデメリットとして多いのが、会社をクビになるんじゃないかといったことですね。債務整理をおこなったからといって会社をクビにされる理由にはできないそうですが、債務整理をおこなったことが周囲にわかり、会社に居づらくなるといったことから退職してしまうことがあるようです。また、一番知られているデメリットのブラックリストですが、これは、一定期間登録されるようです。期間は債務整理の種類にもよるようですが、はたしてこれがデメリットになるでしょうか?ブラックリストに載らず、債務整理後にまた借入をして、また返せなくなるというより、最初から借入ができない方がいいのではないでしょうか?そう考えるとこのデメリットはメリットにすら感じますね。また、債務整理で自己破産した場合は、デメリットとして、財産を全て差し押さえされるといったことや海外旅行などが一切できなくなるといった話が聞かれますがこれらは本当なんでしょうか?また、給料や退職金なども差し押さえられるといったデメリットもきかれますが、実際のところはどうなのでしょう?

Filed in 債務整理のデメリットのウワサ | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.