債務整理~特定調停によるデメリット~

債務整理には、自己破産や民事再生、任意整理や過払い請求の他にも特定調停というものがあります。特定調停は任意整理とかなり似ています。任意整理とは、元金は払っていくが利息はカットしてもらうといった債務整理ですが、これは任意の話し合いでおこなうものでした。そのため、債務整理の中では最も手続きが難しいといわれているようです。なので、全く知識がない債務者にとってはデメリットが多い債務整理なのかもしれません。しかし、そういった知識がなく、弁護士を雇う費用もだせないといった方に特定調停は向いているようです。任意整理では裁判所を利用しなかったのに対して特定調停は簡易裁判を使います。つまり、裁判所を利用した任意整理といえるでしょう。裁判所が債務者と債権者の間に入ってくれるのでスムーズに行えるようです。しかし、その際に調停調書が作成されますので、調停成立後に決められた支払いができなくなると債権者がすぐに給料の差し押さえなどの強制執行ができるということなので、債務者からすればそれがデメリットになるようですね。なので、特定調停で決める毎月の支払額というのは無理したギリギリの額ではなく、余裕をみて長年払い続けられる金額に設定することが大切です。また、特定調停のデメリットには債権者ごとに手続きをしないといけないといったこともあります。多重債務の人にとってはデメリットになります。それに、債権者が強硬な場合も強制力がないようなのでデメリットになりますね。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.