債務整理によるデメリット

債務整理のデメリットというのは意外に少なく、メリットの方が大きいように思いますね。債務整理にかかる期間についてですが、これはその債務整理によって期間が異なるようです。自己破産をする場合であれば、財産の有無にもよります。差し押さえになるような財産がなにもなければ、破産開始決定と同時に破産手続きが終了となる場合があるようです。これを同時廃止というそうですが、約3カ月程度でイチから人生をやり直すことができるようです。債務整理をした場合のデメリットですが、どの債務整理をおこなっても、債務整理後の約7年間は、新しく借入をすることができないというのは、あまりデメリットではないですよね。また、債務整理をしなければいけなくなるような状況にはならないということですのでむしろメリットだと思います。しかし、同じく債務整理によってのデメリットとして、クレジットカードを作れないというのがありますね。これも債務整理後の7年間ですが、クレジットカードを使えないとなると、少し不便にはなりますよね。最近では、公共料金などもクレジットカードからの引き落としをしている人が多いと思います。それに海外旅行の際にもクレジットカードでの支払いができないというのは不便です。債務整理の後に海外旅行に行くようなことはないと思うかもしれませんが、仕事上、海外出張をなさる方もいると思いますし、債務整理をおこなったからといって海外旅行ができなくなるといったようなデメリットはありません。債務整理をおこなっても海外旅行も引っ越しも自由におこなうことができまるんですよ。

Filed in 債務整理のデメリット | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.