債務整理~過払い請求によるデメリット~

債務整理には、最近話題の過払い請求というものもあります。過払い請求のデメリットは請求先からの借入ができなくなることですが、これは大したデメリットではありませんね。他には、請求時期により請求先が債務整理をおこなってしまう場合も考えられるというのがデメリットになるでしょうか。そうした場合はお金が戻ってきにくいようですね。また、過払い請求には時効というものがあります。過払いが発生してから10年以上たってしまっていると時効を主張されるようですので、過払い請求は早めにおこなうのがいいようですよ。そもそも過払いとはなぜおこってしまうのでしょうか?それは、出資法と利息制限法の利率に差があるために生じてしまうようです。利息制限法の利率を超えてしまっていても刑事責任には問われないので、貸金業者は出資法の利率の上限すれすれで設定しているところが多いようです。この出資法と利息制限法の利率の差をグレーゾーンとよんでいて、この部分が過払いとしてかえってくるお金になるようです。ですので、長期にわたって借金の返済をしている人は元金が減るばかりか、トータルでみても払い過ぎていて、借金自体がなくなるばかりかお金が戻ってくる場合があるようです。これは、すでに完済し終えているものについても有効なようですので、思い当たる人は是非弁護士に相談してみるのがいいと思います。この過払い請求は債務者本人でもすることが可能ですが、その際のデメリットとして、債権者が強気にでてきて返金がスムーズにいかないといったことがあるようです。また、弁護士の経験にもよるところが大きいようですよ。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.