債務整理~任意整理によるデメリット~

債務整理には自己破産や民事再生の他に、任意整理というものもあります。これは、債務を任意の話し合いによるもので整理するということです。債務者と債権者が裁判所などを通さずに利息のカットや毎月の支払額を決めるといったことができるようです。現在、債務整理に陥っている人たちは多重債務の人が多いようです。この多重債務になる原因が利息になるようなんですよね。利息が高いために、元金を返済するどころか利息を払うだけでいっぱいになり、利息を払うために別の貸金業者にお金を借りてしまうということを繰り返した結果、債務整理をしなくてはならないようになるようです。こういったことになる人は比較的、真面目な人が多いようですね。真面目であるがゆえに、しっかり返さなくてはと思い、他から借りてまで返そうとして自転車操業に陥ってしまうようです。この原因である利息をカットしてもらえるのが任意整理です。任意整理のデメリットは、債権者が強硬だと和解が成立しずらいといったことです。任意整理は債務者自身でもおこなえるというメリットがありますが、債務者が相手だと債権者が強気でくる場合が多いというのもデメリットになりますね。また、任意整理は弁護士の力で左右するそうですので、新米弁護士などではなく、ベテランの方に任せた方がいいようですよ。任意整理のデメリットには、他の債務整理同様、約7年間は新しく借入することやクレジットカードが作れないといったことがあります。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.