債務整理~民事再生によるデメリット~

債務整理で自己破産するのはデメリットが思ったよりも少なく、イチからやりなおすいいチャンスになるのではないかと思いますが、どうしてもマイホームを失いたくないといったことや職業的に自己破産は嫌だといった方もいらっしゃると思います。その場合は民事再生といった債務整理がいいようですね。民事再生のデメリットは住宅ローンの減額ができないということです。住宅ローン以外の借金を大幅に減額できるのが民事再生ですので住宅ローンで困っているといった方には向いていない債務整理ですね。その他のデメリットとしては自己破産と同じく官報に載るといったことですが、これはさほど問題ではないように思います。また、他の債務整理同様、約7年間の新しい借入やクレジットカードの作成が不可能になるというのがデメリットです。こちらは自己破産と違い借金の理由は問わないようなので、ギャンブルによる借金でも民事再生が可能なようです。民事再生はそういった理由の借金やマイホームを手放したくない人、自己破産のデメリットであげた、一時的に資格を失う職業の人たちに適している債務整理のようです。こういった債務整理は弁護士に依頼するのが一番いいようですよ。司法書士でもおこなってくれますが、司法書士ですと訴訟代理権というのがないため、地方裁判所などには債務者本人が出向く必要があります。なので、債務者の負担を考えれば、債務整理は弁護士に依頼するのが一番いいように思います。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.