債務整理の方法「過払い」

債務整理の方法は過払い請求・任意整理・民事再生・特定調停・自己破産などの方法があります。

ビル群イメージ過払い請求は法律で定められている利息の制限を超えて多く支払ったお金を取り戻すことができます。返済期間が5年以上で金利が20%を超えていた場合はお金が返ってくる可能性が高いようです。

払いすぎた過払い金の消滅時効は10年間です。10年以上経過してしまうと取り戻せなくなる可能性があるので注意が必要です。

過払い金は発生してから年5%の利息を付けた金額を返してもらうことができるようです。

また自己破産や民事再生でも高い金利で長期間の返済をしていた場合には過払い金が発生している可能性があります。借金が完済していても過払い金が発生していれば過払い金請求は可能ですが、完済して10年以上経過していると時効となり返還は難しくなります。過払い金請求をするときは経験豊富な弁護士などに依頼することが一番良いようです。

専門家と債務整理の相談をするときには借金すべての契約書や取引明細書・振込み明細書などがあると相談がスムーズに進むでしょう。他にも取引している期間や契約の内容・借金の状況が確認できる書類があれば持って行くと良いようです。取引が確認できる書類がなくても弁護士が貸金業者に取引履歴の開示を請求しますので契約書類などが無いからといって諦める必要はないようです。

取引履歴が開示されると和解交渉を行います。和解が成立しなければ訴訟を起こすことも可能です。訴訟を起こすと1年ほどの期間がかかってしまうこともあるようです。

Filed in 過払い請求について | コメントは受け付けていません。

債務整理後の生活

今まで様々な債務整理のデメリットを書いてきましたが、債務整理後にも残るデメリットはどういうものがあるかまとめてみます。

まずブラックリストに載ります。それに伴い数年間新しく借金ができなくなります。そして、クレジットカードの審査も数年間通らなくなります。車や住宅などのローンももちろん数年間通らなくなります。ですが、このデメリットは無借金の生活を数年間余儀なくされるので、健全な生活を送るためのリハビリ期間だと思えばメリットともとれるような気がします。次に自己破産をした人は特定の職業に一時的に就けなくなります(弁護士・司法書士・税理士・公認会計士・宅地建物取引主任者・質屋・古物商・生命保険や損害保険の代理店・警備員・建設業者・風俗業者など )。こちらは免責が確定したら解除されますので一時的なものです。

というようなデメリットが主なところといったところでしょうか。住環境が郊外で車が必要な方は大変かも知れませんが、それ以外のデメリットはそれほど苦になるものではないように思います。「クレジットカードが無いとネットショッピングが不便だ」などと考える方は、クレジットカードを使うことこそが借金生活の第一歩と考え、現金生活を数年送ると借金癖が減り健全な生活が送れるのではないでしょうか。

債務整理をしても一部の職業の方以外にはそれほどのデメリットがないように思います。自分の都合で作った借金を圧縮、もしくはリセットできるメリットはデメリットを補って余りあると思います。

Filed in 債務整理のデメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~特定調停によるデメリット2~

それでは、特定調停によるデメリットの続きです。特定調停を行う場合、申立てや調停のために最寄りの簡易裁判所へ本人が行かなくてはなりません。また、債権者の数だけ調停があります。そして裁判所には平日に行くことになりますので、普通の会社勤めの方は調停に行くことが困難です。特定調停は3年(最長5年)で借金を完済しなければなりません。債務返済時の毎月の返済額が自分の支払い能力を超えてしまう場合は特定調停では債務整理ができませんので、自己破産など別の方法へ切り替えなくてはなりません。そして特定調停を行った場合、他の債務整理同様に信用情報機関のブラックリストに登録されます。それ以降数年クレジットカードの発行・利用やキャッシングの利用ができなくなります。特定調停はこのようなデメリットがあります。上記をふまえて特定調停に向いている人は①返済額が3年程度で支払い可能な額である②債権者の数が少ない③弁護士費用を節約したい④平日昼間に裁判所に行くことができる 以上の4点を満たしている人は特定調停に向いています。 なかなか人を選ぶ使いにくい債務整理ですが、なんでも自分でやることが好きな人は弁護士費用をカットできるメリットがありますので特定調停を選択してみてはいかがでしょうか。費用はご自身の交通費と労力以外は必要ありませんので、特定調停を行ってみて、自分一人ではやはり無理だと思ったときに任意整理や民事再生・自己破産に切り替えるという選択もできます。

Filed in 債務整理のデメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~特定調停によるデメリット~

債務整理には、自己破産や民事再生、任意整理や過払い請求の他にも特定調停というものがあります。特定調停は任意整理とかなり似ています。任意整理とは、元金は払っていくが利息はカットしてもらうといった債務整理ですが、これは任意の話し合いでおこなうものでした。そのため、債務整理の中では最も手続きが難しいといわれているようです。なので、全く知識がない債務者にとってはデメリットが多い債務整理なのかもしれません。しかし、そういった知識がなく、弁護士を雇う費用もだせないといった方に特定調停は向いているようです。任意整理では裁判所を利用しなかったのに対して特定調停は簡易裁判を使います。つまり、裁判所を利用した任意整理といえるでしょう。裁判所が債務者と債権者の間に入ってくれるのでスムーズに行えるようです。しかし、その際に調停調書が作成されますので、調停成立後に決められた支払いができなくなると債権者がすぐに給料の差し押さえなどの強制執行ができるということなので、債務者からすればそれがデメリットになるようですね。なので、特定調停で決める毎月の支払額というのは無理したギリギリの額ではなく、余裕をみて長年払い続けられる金額に設定することが大切です。また、特定調停のデメリットには債権者ごとに手続きをしないといけないといったこともあります。多重債務の人にとってはデメリットになります。それに、債権者が強硬な場合も強制力がないようなのでデメリットになりますね。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理によるデメリット

債務整理のデメリットというのは意外に少なく、メリットの方が大きいように思いますね。債務整理にかかる期間についてですが、これはその債務整理によって期間が異なるようです。自己破産をする場合であれば、財産の有無にもよります。差し押さえになるような財産がなにもなければ、破産開始決定と同時に破産手続きが終了となる場合があるようです。これを同時廃止というそうですが、約3カ月程度でイチから人生をやり直すことができるようです。債務整理をした場合のデメリットですが、どの債務整理をおこなっても、債務整理後の約7年間は、新しく借入をすることができないというのは、あまりデメリットではないですよね。また、債務整理をしなければいけなくなるような状況にはならないということですのでむしろメリットだと思います。しかし、同じく債務整理によってのデメリットとして、クレジットカードを作れないというのがありますね。これも債務整理後の7年間ですが、クレジットカードを使えないとなると、少し不便にはなりますよね。最近では、公共料金などもクレジットカードからの引き落としをしている人が多いと思います。それに海外旅行の際にもクレジットカードでの支払いができないというのは不便です。債務整理の後に海外旅行に行くようなことはないと思うかもしれませんが、仕事上、海外出張をなさる方もいると思いますし、債務整理をおこなったからといって海外旅行ができなくなるといったようなデメリットはありません。債務整理をおこなっても海外旅行も引っ越しも自由におこなうことができまるんですよ。

Filed in 債務整理のデメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~過払い請求によるデメリット2~

今、流行りといってもいい過払い請求ですが、お金が戻ってくるということでおこなう人が多いようです。過払い請求は早くしないとお金が戻ってきにくくなるというデメリットがあります。なぜなら、過払い請求により貸金業者の業績が悪化し、貸金業者自体が債務整理をおこなったりする場合もあるようです。そうなってくると、過払い請求をしてもお金が戻ってこないといったことにもなりかねないというデメリットが発生してしまいます。本来なら戻ってくるはずのお金が戻ってこないというのは嫌ですよね。こういった過払い請求のデメリットを受けないためにも早くおこなうのがいいようです。また、もめないためにも弁護士に依頼するのがいいと思います。司法書士でも書類の作成などはおこなってもらえますが、裁判になった場合などは債務者本人が出向かなくてはならないというデメリットがあります。弁護士であれば、代理で法廷にもでてもらえるようなので、債務者のデメリットはなくなりますね。弁護士に依頼する場合、心配なのが費用ですが、大体は相談は無料といったところが多いようですね。弁護士に支払う報酬は、過払い請求によって取り戻せたお金の何%かといったところが多いようです。初期費用は多少かかるようですが、全くお金が返ってこないのと、弁護士に多少支払っても、少しでもお金が返ってくるのであれば過払い請求するメリットは大きいように思います。過払い請求したからといって全てのグレーゾーンの利率分が返金されるわけではないようですが、何もしないよりはいいと思います。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~過払い請求によるデメリット~

債務整理には、最近話題の過払い請求というものもあります。過払い請求のデメリットは請求先からの借入ができなくなることですが、これは大したデメリットではありませんね。他には、請求時期により請求先が債務整理をおこなってしまう場合も考えられるというのがデメリットになるでしょうか。そうした場合はお金が戻ってきにくいようですね。また、過払い請求には時効というものがあります。過払いが発生してから10年以上たってしまっていると時効を主張されるようですので、過払い請求は早めにおこなうのがいいようですよ。そもそも過払いとはなぜおこってしまうのでしょうか?それは、出資法と利息制限法の利率に差があるために生じてしまうようです。利息制限法の利率を超えてしまっていても刑事責任には問われないので、貸金業者は出資法の利率の上限すれすれで設定しているところが多いようです。この出資法と利息制限法の利率の差をグレーゾーンとよんでいて、この部分が過払いとしてかえってくるお金になるようです。ですので、長期にわたって借金の返済をしている人は元金が減るばかりか、トータルでみても払い過ぎていて、借金自体がなくなるばかりかお金が戻ってくる場合があるようです。これは、すでに完済し終えているものについても有効なようですので、思い当たる人は是非弁護士に相談してみるのがいいと思います。この過払い請求は債務者本人でもすることが可能ですが、その際のデメリットとして、債権者が強気にでてきて返金がスムーズにいかないといったことがあるようです。また、弁護士の経験にもよるところが大きいようですよ。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~任意整理によるデメリット~

債務整理には自己破産や民事再生の他に、任意整理というものもあります。これは、債務を任意の話し合いによるもので整理するということです。債務者と債権者が裁判所などを通さずに利息のカットや毎月の支払額を決めるといったことができるようです。現在、債務整理に陥っている人たちは多重債務の人が多いようです。この多重債務になる原因が利息になるようなんですよね。利息が高いために、元金を返済するどころか利息を払うだけでいっぱいになり、利息を払うために別の貸金業者にお金を借りてしまうということを繰り返した結果、債務整理をしなくてはならないようになるようです。こういったことになる人は比較的、真面目な人が多いようですね。真面目であるがゆえに、しっかり返さなくてはと思い、他から借りてまで返そうとして自転車操業に陥ってしまうようです。この原因である利息をカットしてもらえるのが任意整理です。任意整理のデメリットは、債権者が強硬だと和解が成立しずらいといったことです。任意整理は債務者自身でもおこなえるというメリットがありますが、債務者が相手だと債権者が強気でくる場合が多いというのもデメリットになりますね。また、任意整理は弁護士の力で左右するそうですので、新米弁護士などではなく、ベテランの方に任せた方がいいようですよ。任意整理のデメリットには、他の債務整理同様、約7年間は新しく借入することやクレジットカードが作れないといったことがあります。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~民事再生によるデメリット~

債務整理で自己破産するのはデメリットが思ったよりも少なく、イチからやりなおすいいチャンスになるのではないかと思いますが、どうしてもマイホームを失いたくないといったことや職業的に自己破産は嫌だといった方もいらっしゃると思います。その場合は民事再生といった債務整理がいいようですね。民事再生のデメリットは住宅ローンの減額ができないということです。住宅ローン以外の借金を大幅に減額できるのが民事再生ですので住宅ローンで困っているといった方には向いていない債務整理ですね。その他のデメリットとしては自己破産と同じく官報に載るといったことですが、これはさほど問題ではないように思います。また、他の債務整理同様、約7年間の新しい借入やクレジットカードの作成が不可能になるというのがデメリットです。こちらは自己破産と違い借金の理由は問わないようなので、ギャンブルによる借金でも民事再生が可能なようです。民事再生はそういった理由の借金やマイホームを手放したくない人、自己破産のデメリットであげた、一時的に資格を失う職業の人たちに適している債務整理のようです。こういった債務整理は弁護士に依頼するのが一番いいようですよ。司法書士でもおこなってくれますが、司法書士ですと訴訟代理権というのがないため、地方裁判所などには債務者本人が出向く必要があります。なので、債務者の負担を考えれば、債務整理は弁護士に依頼するのが一番いいように思います。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

債務整理~自己破産によるデメリット3~

意外に債務整理の自己破産によるデメリットが少ないように思いますね。夜逃げや自殺を考えるなら自己破産という道を選ぶのがいいように思います。しかし、誰もがみんな自己破産できるようではないようですね。借金の理由がギャンブルであったり、ウソの申告をしていたりする場合は免責がうけられないようです。それに、自己破産にしてもその債権自体はなくならず、保証人に支払い義務が移るようですね。なので、自分は自己破産にして再スタートができるかもしれませんが、保証人がその後の支払いをしなくてはいけないので、そういったデメリットがあります。自己破産する場合は連帯保証人にしっかりと伝えることが必要ですね。ここで、少し保証人についてお話させていただきます。連帯保証人というのは、契約書に捺印や署名して契約が成立するようですが、貸金業者から直接電話で言われる場合もあるそうです。その際は電話だけでも連帯保証人として契約が成立するようですね。また、夫婦であっても連帯保証人でなければ、支払う義務は生じないようですが、連帯保証人であれば、離婚しても支払う義務が生じるようですよ。また、未成年の子供による借金は親が支払う必要はなく、契約自体を取り消すことが可能なようですね。それに、成人している子供であっても親が保証人でなければ、親に支払う義務はないそうですよ。また、債務者が死亡した場合は遺産相続を放棄することにより支払う義務もなくなるようですね。

Filed in 債務整理の種類別デメリット | コメントは受け付けていません。

Older Entries »